腰痛を根本から取り除く方法

今日は、「腰痛を根本から取り除く方法」をお話していきます。

ポイントは、次の3つです。

①痛みは体の信号でありセンサー

②薬に頼らず、骨のズレを治そう

③骨のズレをなくそう

では、それぞれの方法を見て行きましょう。

①痛みは体の信号でありセンサー

腰の痛みがあるのは、骨がズレて筋肉が引っ張られたり、骨と骨を通る神経が圧迫されたりするためです。

痛みは骨のズレがあることを体が知らせてくれているサインです。体が送ってくれたサインをキャッチしたら、自分が普段している姿勢や、過ごし方を振り返って原因を見つけ、違う姿勢をしたり、過ごし方を変えたりする工夫をしましょう。

②薬に頼らず、骨のズレを治そう

骨のズレを知らせる信号「痛み」を薬で抑え込むことは、実は危険なことです。なぜなら「痛みを感じなければ、人はもっともっと頑張ってしまい、その結果骨のズレがドンドン酷くなってしまうのです。

腰痛はなるべく薬に頼らず、骨のズレを治すことで取り除くように心がけましょう。

③骨のズレをなくそう

腰痛の原因は骨のズレです。

骨のズレを治せば、引っ張られていた筋肉も正しい位置に戻り、圧迫されていた神経の通りもよくなるので、痛みの原因となっていた問題が全て解決します。

そのためにも、骨のズレが起こらないような生活習慣を心がけましょう。

腰痛を起こさず、健康な体を維持するために必要なことは4つあります。

①骨のズレをつくらないこと
②バランスのとれた食事
③適度な運動

これらの4つの要素はすべてつながっていて、ひとつでもダメになると、全体のバランスが崩れてしまいます。

①骨のズレを作らないこと

骨のズレは腰痛を起こす元凶です。骨盤や脊椎のズレは、「よくない姿勢をし続けること」「重い荷物を持つこと」「激しい運動をすること」「睡眠不足」「同じ姿勢でいることが多すぎること」などがきっかけとなって生じます。

②バランスのとれた食事

私達の体は、さまざまな栄養素を取り込むことでつくられています。食事のバランスが悪いと、栄養に偏りが出てきてしまいます。実は、自分の体に不足したものを摂取するということが大切です。

バランスのいい食事は、体をスムーズに動かすために欠かせません。そして、よく体を動かすことは、腰痛のない健康な体づくりに不可欠といえます。

③適度な運動

適度な運動は、腰痛を防ぎ、正しい姿勢を保つ筋肉を維持するために欠かせません。まずは、「ストレッチ」と「歩くこと」からはじめてみましょう。

あなたが、腰痛でお悩みでしたら、是非一度、かたの整骨院までお越し下さいませ。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

お気軽にお電話ください

LINEで予約する

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事