腰痛と膝について

腰痛で来院された方は、往々にして膝も痛いということも訴えられます。私の実感で言えば、半分以上の方が、腰痛と膝痛を同時に抱えています。

こうした方は、先に膝が痛くなって、それが原因で腰痛も発症するというケースが少なくないようです。

膝が痛いだけの時は、治療に行こうとは思いません。痛いのは階段の上り下りのときだけ、座ったり立ったりするときだけなので、日常生活に深刻な支障をきたすほどではありません。

ところが、膝の痛みをかばって歩いているうちに、前かがみになったり、左右のバランスが崩れりして、腰痛を引き起こしてしまうのです。

また、腰痛は下半身の血流が悪くなることで起こりやすくなります。膝が痛い方は、足の血流が悪いせいで、膝の周りの筋肉や関節が硬くなり、膝が伸びにくくなっています。

痛みと同様に、このようなときも膝をかばって歩いてしまうので、自然と前かがみの姿勢になり、結果、背骨がゆがんでしまい腰痛を引き起こすのです。

膝の痛みのときは我慢していた方も、腰痛になってしまうと、いよいよ治療に行こうという気になります。自分で靴下がはけなくなる、うがいをするときも痛くなるなど、日常生活に差しさわりが出てくるからです。

そのような方が「腰が痛い」といって当院にいらっしゃった場合、最初の膝の痛みのことを忘れてしまっている、あるいはそれが原因だとは気づいていないことがあります。

いずれにせよ、私はまずは全身の症状を見ます。体はつながっていますので、痛いところではなく、痛みの原因がどこにあるのかを見る必要があるからです。

体全体を見た後、腰の痛みを和らげる施術に入るわけですが、その段階では膝に不調があることがわかっていますので、腰そのものを触らずまずは、骨盤と股関節の施術を行います。

すると、骨盤のゆがみが改善することで、腰・膝そのものの施術をしなくても腰痛・膝痛がなくなる場合があります。それほど、骨盤と腰と膝は密接につながっているのです。

比較的軽い痛みの方であれば、その場で骨盤の整体をしただけで「痛みがとれました」と驚かれる場合もあります。

当院の患者様の特徴は、マッサージや鍼灸はもちろん、病院に行っても治らないというような方々。さまざまな施術を試みたけれども回復しない。そのような方々が多いように思います。

あなたが、もし腰痛、そして膝の痛みでお悩みなら是非一度、当院に起こしくださいませ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

お気軽にお電話ください

LINEで予約する

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事