交野市郡津方面からお越しの腰痛患者様

今日は、当院の施術を受けられて改善された患者様の症例を紹介いたします。

Aさん 44歳女性 介護職

Aさんは、27歳のときに椎間板ヘルニアの手術をしましたが、腰痛が再発して来院されました。

Aさんのように、かなり年月を経て再発するケースも少なくありません。

このように手術をしても再発するケースは、当院を例にとると女性のほうが多い傾向にあります。女性は男性に比べ、筋力も骨も弱いというのが理由ですが、加齢とともに骨がスカスカになり、それが再発の要因になる場合もあるのです。
原因

お話を聞くと、1ヶ月前に転倒してしまった際に、体をかばったせいで左手首を強く打撲されたとのこと。

腰を直接打ち付けたわけではないのに、それ以降、腰痛が再発。日常生活もままならなくなるほど悪化しての来院でした。

「病院で診てもらって、レントゲンも撮りましたが、再手術はできないと言われました。私の腰痛はもう治らないのでしょうか?」

と、かなり非観されている様子のAさん。病院での診断は、前回の手術ですでに椎間板を1センチほど削っているので、もうこれ以上は削れない、というものでした。

ご本人が、手術に対してなんの抵抗も持っていなかっただけに、その手術そのものができないという判断は、かなりショックのようでした。

Aさんにはまず、基本的な施術をして目下の痛みを和らげていきました。しかし、来院の度に施術をするだけでは、良くなるまでに時間がかかります。

このケースだと、最低でも半年はかかる見通しでした。そこで、私は、Aさんに2回目の施術で正座をしてもらうことにしたのですが、最初は「先生、膝が痛いです。」とかなりつらそうでした。Aさんの場合、腰の痛みが膝のほうまで影響を与えていたのです。

なので、膝と股関節の治療を中心に行いました。

そして、体のゆがみをカメラで撮影すると

  • 骨盤 右方向へのゆがみ
  • 股関節 右方向へのゆがみ
  • 肩甲骨 左方向へのゆがみ

以上の3点に問題がありました。

その後も、通院で治療を続けながら、自宅では「お風呂の中で30秒の正座」を行っていただくように指導しました。

この「お風呂の中で30秒の正座」はお湯なので腰に負担がかかりません。

そして、1ヶ月後には、「朝起きたときの腰の痛みがなくなりました」と言っていただきました。

結果、半年はかかる予測していたAさんの腰痛は、半分の3ヶ月で全快しました。

最後にAさんは「先生、手術をしなくてよかったです。」と言っていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

お気軽にお電話ください

LINEで予約する

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事