交野市倉治から腰痛でお越しの患者様

今日は、交野市倉治方面からご来院の患者様の施術報告をしますね。

42歳女性、専業主婦

朝起きてベットから起き上がろうとした時に、腰の左側に激痛が走ったそうです。

数年前から、腰痛に悩まされており整形外科でレントゲン撮影を行い、ドクターからの診断は「骨に異常はありません。」だったそうです。

その後も、度々急な腰痛があり整骨院や整体院に通院されたそうですが、回復されなかったそうです。

運動不足と思い、ジムで汗を流したり、腰に少し痛みがある時はシップを貼ったり・・・
色々と努力をされたのですが一向に変化がありません。

そんな中、携帯電話で「交野腰痛」と検索すると、当院のHPがあったので見てみると
「体のゆがみを専門にみる整骨院」という言葉に魅力を感じて来院されたようです。

お体の状態を専用のカメラで撮影すると、骨盤・股関節・肩・首にゆがみが確認できました。その、写真を見て患者様は「こんなにも、ゆがんでいるんですね!」と驚いていました。

まずは、骨盤の調節です。股関節のゆがみもあったので、右足が歩く時に少し内股になっていました。

なので、「普段から履いている靴の靴底の減り方が左右違いますか?」とお尋ねすると
「右側の靴の方が減っている感じがします」という答えでした。

そうなんです!股関節がゆがむと、歩き方に問題が生じます。これが、腰痛の1つの原因にもなってきます。

調節項目

  • 右股関節の調節
  • 右骨盤部分の調節
  • 右肩甲骨の調節
  • 左首の調節
  • 左顎の調節

上記の5項目の施術を行いました。

6回目の通院の時に、痛みがなくなりました。

すると、患者様からは「先生、もう腰痛にならないような体にして下さい」との要求があったため、3週間に1度の通院を行うようにしました。

メンテナンス的に3週間に1度の施術を行うと、常に体がバランスのとれた良い状態を保てるので、その患者様は腰痛や体の不調が全くありません。

「腰痛」と聞くと姿勢や運動など腰への直接的な負担だけを考えてしまいがちですが、
しかし、腰痛のほとんどは腰そのものに原因があることはありません。

かたの整骨院では、腰の痛みはあくまでも今までの生活習慣の結果である。と考えています。

なので、全身への東洋医学的検査、施術を行っていきます。時折、患者様から「腰が痛くて通院しているのに、なぜ?首の治療を行うのですか?」と質問を頂く事があります。

その場合は、しっかりと患者様に体の状態を説明していき患者様に納得して頂きながら、体の不調を改善する方向に進めております。

あなたも、腰痛でお悩みなら、ぜひ一度当院までご来院ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事