腰痛の原因は?

こんにちは、かたの整骨院 山本です。

今日は、患者様からの質問が多い「何で腰痛がおこるの?」

つまり、腰痛の原因です。

①夜中に腰が痛くて目が覚める

夜中に腰痛で目が覚めてしまう人は、主に2つのタイプに分けられます。

タイプ1 寝返りした直後に、腰の痛みで目が覚めてしまう

タイプ2 寝ている間に、腰の痛みを感じて目が覚めてしまう

いずれの場合も、夜中に腰痛で目が覚める人は、強い痛みがあるのが特徴です。

原因

●寝ている間ずっと同じ姿勢をしている事。つまり、睡眠中に寝返りの回数が少ないことが原因と考えられます。

●床ずれ(褥瘡)が起きるのと同じで血流の流れが低下すること、
また体の重みで骨についている靭帯が伸び、関節がズレ、寝返りを打ったり寝る姿勢を変えようとしたりするときにビリッと痛みが走る、という仕組みが考えられます。

朝だけ痛い

朝だけ腰痛がある人は大きく2つに分かれます。

タイプ1 ●明け方に、腰が痛くて目が覚めてしまう。または明け方に寝返りしたとき、痛くて目が覚めてしまう

タイプ2 ●朝布団から起きる時に腰痛を感じ、その後しばらくのあいだ痛む

原因

タイプ1 就寝中、同じ姿勢でいるのが原因です。最初の項目と同様、あまり寝返りを打っていないことが原因と考えられます。

そして、根本的な原因は体が硬いこと。特にねじる動きに関わる筋肉が硬いと寝返りしづらくなります。

タイプ2 起き上がりや立ち上がりなどの動作を行うときの姿勢が、悪いことが大きな原因と考えられます。

③午後や夕方に痛い

朝は痛まないのに午後や夕方になってから痛みが出る

原因

●午前中の生活スタイルで痛みが蓄積しています。具体的には家事、仕事などで腰に負担のかかる姿勢や動作をしている可能性があります。

人間は誰でも痛みを感じるラインがあります。

よくない姿勢を続けたり、動き過ぎることで自分のラインを越えてしまうと痛みが発生します。

●午前中は痛まないのに午後に痛みを感じる場合は、床から物を繰り返し行う、お風呂場掃除を長時間行う事でラインを超えるケースが多く見られます。

1つ1つはほんの小さな動作でも、何度も繰り返すことでストレスが蓄積してしまうわけです。

同じ動作を繰り返しているうちに、自然治癒力も働きますが、完全に治癒しないうちにまたストレスが蓄積してラインを越えてしまうのです。

あなたの腰痛の原因に当てはまりましたか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事