腰痛で歩けなくなっていませんか?

腰痛が痛くて、歩きずらくなっていませんか?

今日は「腰痛対策歩き方!!」についてお話させて頂きます。

腰痛を招く悪い歩き方は、背中を丸めて歩く「猫背」です。

頭が前に出てしまう前傾姿勢は現代人に多いです。

そして、膝が内側に入った状態で歩く状態もよくありません。

これは、歩く時に、つま先の方向よりも膝の方が内側を向いてい

る状態で、特に女性に多くみられます。膝の内側に負担がかかる

ため腰部でバランスを保とうとし、腰痛を招きます。

逆に、膝を伸ばし切った状態で歩く事も注意が必要です。

足が着地したときに膝と腰に負担がかかってしまいます。

足の衝撃が分散されるように適度に膝を曲げる事をお勧めします。

では、良い歩き方とは?

まずは、背筋を伸ばします。背筋を伸ばして前傾姿勢にならない

ように意識して腰への負担を減らすことが大切です。

特に、歩きながらのスマホは前のめりになりますので注意しま

しょう。

 

 

 

 

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事