10秒で肩こり改善!

10秒で肩こりが改善する方法をお伝えしていきます(^^)/

①仰向けに寝て両腕を頭上に伸ばし、手の甲と甲を合わせます。
②腕を左に倒すと同時に、左の腰を少し浮かせます。
③右側も同様に行います。
④これをリズミカルに左右交互に行います。

ポイントは、腰を左右に振るのではなく、あくまでも骨盤を片側だけ上に向かって持ち上げるイメージです。

左右を1回として1秒くらい。それを10秒(=左右で1回を計10回)、1日3回行います。

左右の腰を浮かせるように、骨盤をリズミカルにツイストさせるだけでも、骨盤の中で最も大きな骨である腸骨と仙骨とをつなぐ関節・仙腸関節の固着が解放され、足の長さは自然に整います。

また背骨が左右に揺さぶられることによって、捻じれが腰から順に解放されていきますから、背骨の配列が下から上に向かって、頭の付け根まで矯正されます。

さらに手の甲と合わせることによって、肩はより地面(床)に近づきますから、内巻きの肩が矯正されつつも猫背が解消されるという、たったひとつの動きで4つの問題が同時に改善させる、相乗効果のもっとも高い究極の裏技です。

続いてのセルフケアを紹介します。

①両腕を肩と水平の位置まで上げ、両肘を90度に曲げた状態で、胸を前に突き出します。
②そのままの状態から、腰を少しだけ後ろに引きます。
③そのままの状態から、両腕をおろします。

立ってでも座ってでも構いません。また、歩き始めやデスクワークの合間合間え行えば、脳への姿勢インプット効果も大です。

ちなみに、①の状態のまま猫背のしようと試みてください。できないはずです。さらに①の状態のまま、首を前に出してみてください。これも出せないはずです。

つまりこの形にすると、あえて悪い姿勢を取ろうとしても取れないわけです。ということはこの状態が、もっとも姿勢が悪くならない状態であり、いま現在のあなたができる一番よい姿勢なのです。

背骨と肩甲骨が正しい位置の収まれば、筋肉がムダに引っ張られることもなくなるため、肩がスーッと楽になります。

このメソッドは、「いつやればいいんですか?」という質問をよく受けますが、いつやっても構いませんし、日に何度行っても構いません。

また、立ってでも座ってでも、どちらでも構いませんし、どちらがよいということでもありません。

また歩き出す前にこのメゾットを行うことで、正しい姿勢であるくことが簡単に習得できる、ぜひ毎日の習慣にしていただきたいです。

参考にして下さいね(^^)/

あなたが肩こりでお悩みでしたら、かたの整骨院の骨盤矯正で体の歪みを改善しませんか?

あなたのご来院をお待ちしております

ホームページ限定特典1980円

お気軽にお電話ください

LINEで予約する

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事