肩こりには、脇が効果的??

体を動かそうとしたとき、最初に緊張が生じるのはどの部分だと思いますか?意外に思われるかもしれませんが、実は「腕」なんです。

腕は、体のなかでも特殊な位置づけにあります。人間は2足歩行になったことで、足だけで体を支えられるようになり、腕が自由になりました。

一方、腕は胴体からぶら下がっているため、胴体とのつながりの部分がうまく働かないと、肩や首の余計な緊張を生むことになります。

また、メンタルな緊張が腕や肩の緊張とし現れるという側面もあります。

腕や肩に緊張が生じると、他の部位に緊張が伝播し、全身が緊張します。何をするにも体に余計な力が入り、働きがギクシャクする、スムーズに力を発揮できない、無駄に疲れてしまうなど、

気持ちよく体が動きません。車に例えると、ブレーキをかけながらアクセルをふかせている状態です。逆にいうと、最初にかかるブレーキさえ外してあげれば、常に快適な体で過ごせます。

しなやかな動きを身につけるには、まずは腕と肩の緊張を抜くことが大事なのです。

当院では、無痛整体で眠っていた脇の筋肉を目覚めさせることで、腕や肩の緊張を取り除いていきます。前鋸筋という筋肉を刺激して、その本来の力を取り戻すべく働きかけます。

脇を使えるようになると、腕や肩の余分な緊張が抜けて、動きがしなやかになります。

脇で腕を支えられるようになりと、腕の重さを体幹~体全体で、支えられるようになり全身の動きが変わります。

脇にアプローチすることで、腕と全身のバランスが改善し、結果として、姿勢がよくなり、動きもしなやかになるのです。

脇へのアプローチは、肩こりだけでなく、これまで脇を使えないことでうまくいかなかった体の動き、消えなかった不調の対策にも効果的です。

それだけでなく、「もっとうまく体を使いたい!」という場面でも活用できます。

脇にある「前鋸筋」は腕と胴体のつなぎ目として働く筋肉。腕の動きにあわせて、腕の土台である肩甲骨を適切な位置に保ちます。

前鋸筋がうまく働かないち腕は肩甲骨という土台を失うため、その重さを肩の筋肉で引っ張り上げなければなりません。

その緊張が、あなたのつらい肩こりを引き起こしているのです。肩こりをスッキリさせるためには、前鋸筋と脇の働きを取り戻す必要があるのです。

さらに、肩こりに効くのはもちろん、脇を使えなかったことでうまくいかなかった体の動き、消えなかった不調の対策にも効果的です。

参考にして下さいね(^^)/

あなたが、「肩こり」でお悩みでしたら是非一度、かたの整骨院の骨盤矯正で体の歪みを改善しませんか?

あなたのご来院をお待ちしております。

お気軽にお電話ください

LINEで予約する