肩こりと体幹の筋肉

歩行、仕事、家族、スポーツなど、人の動作には必ず腕の動きが伴います。

体幹の筋肉が使えないまま体を動かせば、肩に余計な力が入り、その緊張が肩こりの原因になってしまうのです。

現代人の「体幹の筋肉」は、眠っているといっても過言ではありません。

かつての昔ながらの生活のなかでは、特別に意識しなくても自然に体幹を使い、ゆえに筋肉も適切に働いていたはずです。

2足歩行になって腕が自由になった人間にとって、体幹が使える事は人間本来の姿であるといえるのです。

今は、あらゆる面での利便化が進み、手先だけの作業ですむ場面が多くなりました。

自分で体を動かさなくても、パソコンやスマホをクリックするだけで食料や生活用品が届く時代です。

雑巾がけをしなくても掃除機やロボット掃除機に頼ればいいし、洗濯物をベランダに干さなくても、乾燥機でことがすむ。

小手先だけですむ便利さを知れば、体はどんどん動かさなくなります。

生きている時間が長くなるほど、運動しなくなる、意識しないでいる時間も長くなります。

年月を重ねるうちに、かつては活躍していた体幹の筋肉も次第に働かなくなり、硬くなり、そして眠ってしまったのかもしれません。

そして、いつのまにか我々は、体幹の筋肉を使わない「肩こり体質」になってしまったのです。

「いやいや、仕事で体を使っているけど、やっぱり肩は凝るよ」というご意見もあるかと思います。

デスクワーク以外のお仕事をされている場合、それなりに体を動かす機会があるかもしれません。

しかし、重い荷物を持って動き回る配達のお仕事などでも、体幹がうまく使えていない可能性があります。

体幹が使えていないと、荷物を体で支えることができないので、負担が肩や腰にかかります。

赤ちゃんを抱っこする、子育てママの腰への負担も心配です。

腕を使って同じ動作を繰り返す仕事などの場合、体幹が使えていないと腕の重さを、常に肩で支え続けなければならず、肩こりになってしまうのです。

これらの問題を解決するには、体幹に筋肉を使える状態にする必要があります。

現代の便利な生活により眠ってしまっている体幹の筋肉を目覚めさせることは、人間本来の自由で快適な体をとりもどすために必須なのです。

あなたが「肩こり」でお悩みでしたら是非一度、かたの整骨院で骨盤矯正を受けて体の歪みを改善しませんか?

あなたのご来院をお待ちしております。

お気軽にお電話ください

LINEで予約する