肩こりと肩甲骨の関係

私達は、日常生活になかで、常に体の前側で手を使っているため、手を使えば使うほど、その付け根である肩が前に出てしまう傾向があります。

加えて、近年ではパソコンやスマホの登場で、画面を凝視する姿勢で過ごす時間が増加。

その影響で頭が前に出てしまい、結果、気がついたらいつも猫背姿勢になっているという方が非常に多いのです。

つまり、私達は、油断するとすぐ猫背になってしまう生活環境のなかにいるということなのです。

では、この猫背を改善するには、どうすればよいのでしょうか?

実は、猫背は肩甲骨の歪みの改善が有効なのです。

では、その仕組みについて説明しましょう。

猫背になったときに固まりやすい筋肉があります。肩甲骨と背骨の間にある「菱形筋」という筋肉です。マッサージしてもらうと気持ちがいいところです。

この筋肉が固まると、背骨の特に上半分が伸びやかさを失います。そして、やっかいなことに、この部分は常に頭の重さがのしかかっているため、いったん固まるとゆるめるのが難しいのです。

肩甲骨の歪みの改善は、「横隔膜」を自由にするという効果もあります。

横隔膜は、その中心部分で「大腰筋」という、姿勢にとって大事な筋肉とつながっています。

背骨と太ももの骨をつなぐ大腰筋は、歩く、走る、階段を上るなど、大腿を持ち上げるときに働くと同時に他の筋肉と協働して姿勢を支えるという重要な役割を持っています。

大腰筋が適切に働かないと、姿勢は崩れます。加齢により腰が曲がっていくのは、大腰筋が硬縮して伸びることができなくなっている状態です。

そして、大腰筋の機能不全は腰痛、O脚・X脚のバランスの崩れ、その他、姿勢の歪みからくるさまざまな症状の原因となっているのです。

肩甲骨の改善ができれば、その効果は「横隔膜」から「大腰筋」へと伝わります。つまり、肩甲骨の改善で、しなやかな大腰筋を手に入れることができるのです。

肩甲骨の改善は、「菱形筋」「大腰筋」という、姿勢にとって大事な2つの筋肉を柔軟で働きやすい状態にして、しなやかな姿勢を取り戻すために有効です。

まずは、肩甲骨の歪みの改善を試してください。自然に伸びやかな姿勢を取り戻すことができ、またその効果が持続することに、驚かれるはずです。

あなたが「肩こり」でお悩みでしたら是非一度、かたの整骨院の骨盤矯正で体の歪みを改善してみませんか?

あなたのご来院をお待ちしております。

お気軽にお電話ください

LINEで予約する