ストレートネックは女性がなりやすい??

最近は、ストレートネックが原因で肩こり、首コリなどの症状が起こり、当院に来院される患者様が多いです。

そして、ストレートネックは男女比比べると、より女性に進みやすい傾向があります。私は、軽度の人も含めれば、日本女性の9割はストレートネックに相当すると見ています。

勿論、男性にもストレートネックは多いのですが、こちらは軽度も含めてだいたい全体の7割くらいでしょう。

より女性に多い理由は何か?

それは、「関節の柔らかさ」にあると思います。

もともと、首の頸椎関節はいろんな方向に曲げたり回したりできるよう、柔らかくてしなやか構造にできています。

しかも、女性の関節は、男性よりも柔らかくできているのです。

例えば、女性には顎がはずれ易い人が多いのですが、それも関節が柔らかい証拠のひとつ。

女性は全体的に関節が柔軟な構造になっているため、骨格的に悪い姿勢のクセがつきやすく、首痛、肩こり、腰痛などの関節トラブルも訴えやすい傾向があるのです。

要するに、頸椎の関節においてもこの柔らかさが災いして、カーブの消失とストレート化が進みやすいわけです。

また、女性の場合、勉強にしてもスマホにしても、いったん根を詰めるととことん集中する傾向があるので、長時間うつむき姿勢を持続してしまいやすいところも影響しているのかもしれません。

これに対し男性はどうかと言うと、女性に比べればストレートネックになりにくいのですが、症状が軽いと我慢してしまう人が多く、本人が異常を訴えたときにはかなり状態を悪くしてしまっているケースが多く見られます。

なかには、首よりも先に腰痛などの症状がひどくなる場合も少なくありません。普通なら肩こりや首コリにさんざん悩まされたあげく腰痛になっていくという順番をたどるのですが、肩や首の症状を我慢してしまい、そのうちにトラブルを腰にまで発展させてしまうわけです。

つまり、女性はストレートネックになりやすく、男性はストレートネックをこじらせやすい。ストレートネックの怖ろしさに注意しなくてはならないという点では、男性も女性も同じなわけです。

このまま、ストレートネックの男性や女性が増えていったら、これからの日本はどうなってしまうのでしょうか?

いずれ、関節トラブルや体調不良を訴える人で、肩痛、首痛、頭痛などで多くの方は悩むようになるのではないか?と心配しています。

あなたがストレートネックでお悩みでしたら是非一度、かたの整骨院までお越し下さいませ。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

お気軽にお電話ください

LINEで予約する