40代 女性 あくびをした時に顎が痛い

主訴

朝起きた時、あくびをすると左顎に痛みがある。硬い食べ物が食べれない。

 

初来院日

2018年2月

Q、顎関節症が改善したら何がしたいですか?

A、普通にあくびをして、普通に食事がしたい。

カメラ撮影で体の歪みを検査

●左骨盤のずれ
●左肩のずれ
●左顎関節のずれ
上記の3点を確認できた

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/左(+)閉口/左(+)
●頸椎右回旋(+)
●トムソン左(+)

初回施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/顎関節矯正

施術後の変化

口の開口の時に指が1本しか入らない。これは、顎が痛かったと思う。

しっかりと、口を開けるよう施術していく。

初回は上記の施術にて終了。

 

2回目の施術(3日後)

症状

顎の痛みは変化なし。あくびと食事のときが辛い。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/左(+)閉口/左(+)
●頸椎右回旋(+)
●トムソン右(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

口の開口の時、まだ指が1本しか入らない。今が一番つらい期間だと思う。

 

3回目の施術(4日後)

症状

朝起きた時の左顎の痛みが少し楽になった気がする。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/左(+)閉口/左(+)
●頸椎右回旋(+)
●トムソン右(+)

●施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

口の開口の時、指が2本入ってきた。少し顎の痛みが楽になってきた。

骨盤・股関節が正しい位置に改善されてきたので、

次回からは肩甲骨・頸椎・顎関節を中心に矯正していく。

 

4回目の施術(1週間後)

症状

朝、起きた時の左顎が痛くなくなった。あくびの時の痛みも楽になってきた。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/左(+)閉口/左(+)
●頸椎右回旋(+)

施術内容

肩甲骨矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

施術後、口の開口時に指が3本入るようになった。

口を閉じる時に「下唇が左側にズレる」この歪みを矯正していけば、改善に向かうだろう。

 

5回目の施術(1週間後)

症状

あくびや食べ物を食べる時の顎の痛みが、全くなくなった。

普通の生活が送れてうれしい。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の閉口/左(+)

施術内容

肩甲骨矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

普段の生活では、顎の痛みは改善してみたいだ。

まだ、口を閉じる時の「下唇が左側にズレる」この点を改善していきたい。

患者様は、「もう顎の痛みがでないようにしたい」とおっしゃっているので、

施術期間を2週間に1度に変更して、施術を続けていく。

 

院長の見解

上記の患者様は、「あくび・食事の際の痛み」を訴えて来院された。

あくびや食事の際に顎が痛くなることは、本当に辛いと思う。

歯医者さんでマウスピース作成をしても、なかなか改善されないと患者様はおっしゃっていた。

それは、なぜか?

理由は、顎の関節だけが歪んでいるのではなく、骨盤・股関節・肩甲骨・首などの歪み

つまり「体全体の歪み」が原因なのです。

だから、体全体の歪みが改善すると、自然と顎の痛みも改善していきます。

上記の患者様は、もう顎の痛みが再発しないように施術を継続していく。