30代 女性 ご飯を食べる時に顎が痛くて食べれない

主訴

ご飯を食べた時に、右顎が痛くて食べれない。

 

初来院

2017年12月

Q、顎関節症が改善したら何がしたいですか?

A、焼肉が食べたい(硬い食べ物)

カメラ撮影で体の歪みを検査

●右骨盤のずれ
●右股関節のずれ
●右肩のずれ
●右顎関節のずれ
上記の4点を確認できた

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/右(+)閉口/右(+)
●腰椎右回旋(+)
●トムソン右(+)

初回施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/顎関節矯正

施術後の変化

口が少し開くようになった。痛みはまだ残っている。

まずは股関節のずれの改善を行っていく。

初回は上記の施術にて終了。

 

2回目の施術(3日後)

症状

顎の痛みは変化していない。ご飯を食べる時に痛みがある。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/右(+)閉口/右(+)
●腰椎右回旋(+)
●トムソン(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/顎関節矯正

施術後の変化

ご飯を食べる時の痛みを、早く改善してあげたい。

口の開く角度は少し良くなってきた。

 

3回目の施術(3日後)

症状

顎の痛みは変化していない。でも、少しだけご飯が食べやすくなった気がする。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の開口/右(+)閉口/右(+)
●腰椎右回旋(+)
●トムソン(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/顎関節矯正

施術後の変化

口を開く角度が広がってきた。ご飯が食べやすくなってきてよかった。

顎は「食事」や「会話」など、必ず使う関節なので回復に時間がかかることが多い。

 

4回目の施術(1週間後)

症状

ご飯が食べやすくなってきた。痛みを少しある。まだ、硬いものは食べにくい。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の閉口/右(+)
●腰椎右回旋(+)
●トムソン右(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/肩甲骨矯正/顎関節矯正

施術後の変化

施術検査で口を開けるときの痛みは軽減してきた。

まだ、口を閉じるときに下唇が右側に歪む。

次回からは、その点をポイントにして施術していく。

 

5回目の施術(1週間後)

症状

顎の痛みはなくなってきた。食事が普通にできて嬉しい。

でも、硬いもの(肉)は食べれない。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の閉口/右(+)
●頸椎左回旋(+)
●腰椎右回旋(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

食事が、不快なくできるようになって良かった。

骨盤や肩甲骨の歪みが改善されたので、首の歪みと口の閉口の歪みの改善に努めていく。

 

6回目の施術(1週間後)

症状

食事の時の痛みは完全になくなった。硬いものを食べても痛みがない。

以前より、口が開きやすいので会話がやりやすくなった気がする。

施術検査(専門用語で記入しています)

●口の閉口/右(+)
●頸椎左回旋(+)

施術内容

骨盤矯正/股関節矯正/頸椎矯正/顎関節矯正

施術後の変化

来院時のときと比べて、口の開く角度、閉じる角度が改善している。

硬い食べ物もこれから食べれるようになるだろう。

あとは、施術期間を2週間に1度に伸ばして様子を見ていく。

 

院長の見解

上記の患者様の顎関節の状態は、実は以前から症状はあったと思われる。

肩や首に違和感やコリがあったり、口を開いたときに違和感や「カキッ」という音が鳴ったり。

最近は、顎の痛みを訴える女性の患者様が多くなってきている。

原因は、顎関節の歪みだけでなく、「体の歪み」なんです。

股関節・骨盤の歪みも一見無関係のように思われるが、関係しています。

体全体の歪みを改善すれば、顎関節症の症状は改善していきます。