顎関節症には柔らかい食品だけではだめ!!

顎関節症の人は硬いものを食べると痛みが出るため

柔らかいものを食べようとします。

しかしこれでは、あごの筋肉が鍛えられず弱っていくばかりです。

例えばカレーライスやハンバーグなどは、ほとんど噛まずに食べられますが

こういうものばかり食べていては、あごの筋肉は発達しません。

痛みがあるときは、痛みを避けようとするので、硬いものを避けようとする

気持ちはわかりますが、それも程度の問題です。顎関節症の患者様が

苦手とするフランスパンやスルメなどは無理でも、たくあんやレンコンといっ

た適度に歯ごたえのあるものを食べることで、あごの筋肉の衰えを防ぐこと

ができるのです。痛みを怖がって、硬いものをいつも避けている人は、本当に

痛みが出るかどうか1度試してみるとよいでしょう。タコやイカはダメでも

ステーキは食べられるかもしれませんよ(^^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/