顎関節症にはウォーキング

顎関節症の効果的な改善方法に「ウォーキング」がオススメです

例えば、ジムなどでの筋肉トレーニングは酸素を利用しない無酸素運動

これに対し、酸素を取り入れながら行う運動が有酸素運動です。

代表的なのはウォーキングで、全身の血流をよくする働きがあります。

全身の血流がよくなれば、あごの血流不足も改善します。

お盆休みの夕暮れ時に少し歩いてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/