めまいとメニエール病

「めまいがする」という話をすると「メニエール病?」と聞かれるほど「めまい=メニエール病」

と誤解をしている人はいまだに多くいます。しかし、実際には、めまいの症状を訴える患者さんのうち

メニエール病であるケースはさほど多くはなく、めまい全体の約5%にすぎません。

症状としては、激しい回転性のめまいが、数十分から数時間にわたって続きます。また、耳鳴りや

難聴、これによる繰り返しのめまいのほか、自律神経の機能の乱れによる吐き気や嘔吐など、

さまざまな症状を伴います。メニエール病は、内耳に内リンパ液が異常に増えて、水ぶくれになること

で起こります。水ぶくれによって、平均機能と聴覚に異常をきたすのです。原因ははっきりと突き止められ

ていませんが、季節の変わり目、天候、気圧、寒冷前線の変化のほかの、心の問題が大きく関わっているとされています。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/